スペインでおすすめの銀行【2021版】

日本人に人気のスペインの銀行

留学・ワーホリ・仕事などでスペインに長期的に滞在される方にとって必要となるのが、銀行口座の開設。どの銀行が使いやすく、便利なのか、選ぶのは容易ではありません。特に、スペインには銀行の数が非常に多いため、その中から自分に合った銀行を選ぶのは大変です。こちらでは、スペインのおすすめの銀行や、開設の流れをご紹介します。

スペインで日本人が利用しやすい銀行

スペインには、日本人を含め多くの外国人がいます。そのため、一般的にスペインの銀行は外国人の口座開設の手続きにも慣れており、ほとんどのスペインの銀行では簡単に銀行口座を開設できます。

スペインに長期的に滞在するにあたり、銀行口座を持っていることは必須はありませんが、銀行口座を持つことで簡単に公共料金の支払いなどができたり、手数料を抑えることもできます。例えば、スペインで日本の銀行口座をそのまま使う場合、ATMの利用や送金・受け取りなどで高い手数料が発生する可能性があります。

既存の海外口座で管理する場合は、ATMの利用や送金・受取りなどの手数料が高くなる可能性があります。なお、スペインの銀行口座は、居住者でも非居住者でも開設できます。

スペインの銀行

スペインのおすすめ銀行トップ6

スペインで銀行を選ぶ際に、一から自分で探す必要はありません。こちらでは、日本人でも使いやすい、スペインのおすすめの銀行を6つご紹介します。

1. Wise

Wiseは、スペインのおすすめの銀行でだけでなく、ヨーロッパやアメリカなどの各地で銀行を探している方にもおすすめです。オンラインでWiseの口座を開くと、ユーロ以外にも複数の通貨にアクセスすることができ、それらの通貨を自由に使えます。Wiseは、2010年にイギリスで設立され、以前はTransferWiseとして知られていました。Wiseは、最も良い為替レートと最低手数料を重視しており、特に外国人やよく海外旅行をする人に非常に人気のある銀行です。Wiseは現在、マルチカレンシー口座でデビットカードも提供しています。(以前はボーダレス口座と呼ばれていました。)このデビットカードでは、世界中のあらゆる場所で、保証された「実際」の為替レートで引き出しや支払いができます。取引手数料は無料で、換算手数料も低く抑えられています。

Wiseの口座は、こちらから簡単に開設できます。

2. N26

N26は、アプリで運営されるネット銀行で、非常に幅広いサービスを提供しており、スペインでおすすめの銀行の一つです。ネット銀行なので、対面の実店舗のない銀行です。2013年にドイツで設立され、現在はヨーロッパ22カ国とアメリカで事業を展開し、顧客数は700万人以上です。N26は無料のバーチャルマスターカードを提供しており、このバーチャルマスターカードを使って店舗での買い物やオンラインショッピングができます。また、当座貸越や投資商品も提供しています。銀行口座の開設はスマホから行い、完全に無料で、後から手数料がかかることもありません。

N26の口座は、こちらから簡単に開設できます。

3. サンタンデール銀行 (Banco Santander)

サンタンデール銀行は、スペイン最大の銀行であり、顧客に様々なサービスや商品を提供する銀行です。1857年に設立され、現在はヨーロッパ、北米、南米、アジアで事業を展開しています。実店舗のある銀行を好まれる方、また大手で信用性のある銀行を探している方には、サンタンデール銀行がスペインでおすすめの銀行です。また、サンタンデール銀行は、アプリを使ったインターネットバンキングも提供しています。

4. BBVA

BBVA(Banco Bilbao Vizcaya Argentaria)は、スペインで2番目に大きい銀行です。BBVAは、サンタンデール銀行と同じ1857年に設立され、アメリカや南米にも支店を持つスペイン国外でも有数の金融機関です。

サンタンデール銀行と同様に、BBVAは実店舗を重視する人におすすめの銀行です。BBVAは、国内各地に支店があり、ATMも充実しています。また、BBVAは使いやすく、便利なインターネットバンキング・アプリも提供しています。

BBVA(Banco Bilbao Vizcaya Argentaria)

5. CaixaBank

サンタンデール銀行やBBVAほどの収益、収入、資産規模はありませんが、カイシャバンクはスペインで最も多くの支店がある銀行です。カイシャバンクは、2011年に設立された比較的若い銀行です。サンタンデール銀行やBBVAと同様に、カイシャバンクは実店舗だけでなく、最高水準のインターネットバンキングサービスを提供しています。

6. Banco de Sabadell

サバデル銀行グループは、1881年に設立されたスペインで5番目に大きい銀行です。サバデル銀行とカイシャバンクは、英語でのサービスが充実しており、書類・カスタマーサービス・ヘルプライン・オンラインアカウントなどは英語で対応が可能となっており、スペイン語には自信がないが、英語は話せるという人におすすめのスペインの銀行です。


最新のネット銀行 vs 伝統ある銀行

WiseとN26は、デジタル時代にふさわしいモダンな銀行です。口座の開設や利用が簡単なので、スペイン在住の日本人にオススメの銀行です。または、より伝統的で実店舗のある銀行を好む人向けにオススメのスペインの銀行として以下、大手銀行をご紹介します。サンタンデール銀行、、BBVA、カイシャバンク、サバデル銀行は、英語で対応できるスタッフがいる可能性が高く、ATMも豊富にあります。また、Bankia、Bankinter、KutxaBankは、スペイン国内どこにでもある有名な大手銀行です。


Bancos & Cajas

スペインの銀行は2種類に分けられ、一つ目はBancos(一般的な銀行)で、もう一つはCajas de Ahorros(貯蓄銀行)です。BancosとCajasの違いについては、Bancosは株主と利益を共有する民営の銀行で、Cajas de Ahorrosは非営利の国有貯蓄銀行であるという点が違いです。


スペインでどのように銀行を選べば良いか

スペインで自分に最適な銀行を選ぶには、費用、提供されるサービス、対面の店舗/オンラインバンキング、アクセスのしやすさ、ATMの数、英語を話すスタッフがいるかどうか、評判などを考慮する必要があります。

スペインでは、口座を持つ銀行以外からの引き出しにはすべて手数料がかかるため、ATMが充実していることが重要です。ただし、スペインの小規模な銀行は手数料などがない傾向にありる点がメリットになります。

銀行口座の種類には、Current Accounts(日常的な銀行業務)、Savings Accounts(貯蓄者への還元)、Digital Accounts(インターネットバンキング)、Non-Resident Accounts(非居住者向けの口座提供)があります。


スペインでの新規口座開設について

スペインでの銀行口座開設手続きは、とても簡単です。新しく口座を開設した場合、1週間以内に開設でき、キャッシュカードは通常2週間以内に届きます。口座を開設するには、パスポート、NIE(Número de Identificación de Extranjeros)、TIE(Tarjeta de Identidad de Entranjera)などの身分証明書、住所が証明できるもの、身分証明(雇用契約書、学生証など)が必要となります。もし、定期的に給料を受け取っていない場合は、「Cuenta sin nómina(給与なしの口座)」を開設する必要があります。ほとんどの口座はオンラインで開設され、対面での顧客サービスを受けることは限られています。また、多くのスペインの銀行では、口座を開設する前に、少なくとも30日間、スペインの社会保障制度に加入していることが要求されます。

スペインのおすすめの銀行の詳細

スペインに住む日本人にとって最適な銀行を選ぶには、それぞれ個々の状況に応じて最も合った銀行を選ぶ必要があります。銀行口座を開設した後に使う目的を正確に把握し、自分にとってコストがかからない銀行を見分けることが重要です。スペイン語が堪能でない方は、英語で情報やサービスを提供してくれる銀行を選ぶこともぜひ考慮に入れてください。