スペイン

コロナウイルスの状況

2020年7月2日時点

中国で発生したコロナウイルスは、動物に由来するウイルスであり、人間に感染すると気道の感染を引き起こします。

コロナウイルスはCovid-19と呼ばれており、現在世界中に広まっています。

スペインのコロナウイルスの状況

スペインのコロナウイルスの状況

スペインの厚生労働省が発表したCovid-19の感染状況は以下です。(7月2日時点)


感染者数:246,659人

新規症例:149人

重篤症例:11,664人

死亡率:11,05%

死亡:28,363人

回復: 210,689人


Covid-19は現在、世界181か国に及んでおり、世界保健機関(WHO)によると、世界中で10,357,662件の感染が確認されています。

スペイン政府は3月14日に120日間の非常事態宣言を発表しました。この期間、スペインでは通院や買い物を除き、不要不急の外出を控えなければいけません。


Covid-19がカナリア諸島で2020年月31日に初めて確認されて以来、スペインでは27,133人の死亡が確認されており、その平均年齢は70.2歳です。

スペインのコロナウイルスに関する状況を常に把握できるように、この記事は定期的に最新情報に更新します。

スペイン コロナウイルス

重症急性呼吸器症候群(SARS)・中東呼吸器症候群(MERS)

過去にSARSとMERSが発生した際にも、スペインは海外との国境を決して閉鎖しませんでした。Covid-19同様に、2003年に中国から発生した発生したSARS、そして2015年にMERSの発生がありましたが、両方ども収束しました。


WHOからの注意喚起

現在、Covid-19のワクチン開発が急がれています。このワクチンが開発されるまで、WHOは注意喚起として、頻繁に手を洗い、目、鼻、口に触れないようにし、咳やくしゃみをしている人とは1メートルを以上の距離を保つことを促しています。

Covid-19の症状としては、発熱と乾いた咳があげられており、これらは息切れや呼吸困難につながります。最も感染の危険があると言われているのは、高齢者と免疫が弱まっている人です。


最新情報について

今後もこちらの記事でスペインのコロナウイルスの状況に関する新しい情報を頻繁に更新する予定です。

スペインへの入出国や、スペインのコロナウイルスの状況について質問がある場合は、ご連絡ください